必要な印鑑

  • RSS

皆さん、はんこの効力に関して、考えた事がありますか。 ハンコ社会である日本において、ハンコの効力をしっかりと認識していないと、大変な事となります。

私も若い頃のお話となりますが、お客さんの要望を簡単に受けてしまい、会社代表印を捺印してしまい、大変な事となりました。
まだ、その当時は、上司が謝りに行けばなんとかなる時代でしたので、よかったです。

話は戻りますが、まず会社において、必要な印鑑として、会社代表印、会社銀行印、角印の3本があります。
これは、ハンコ屋さんにおいても会社印3本セットとして、販売しています。
先程、話の出た会社代表印ですが、会社の実印と言われていて、法務局への届け出もしています。
ですので、効力に関しても、かなりのものです。重要な書類等以外には使用は控えた方が無難となります。

もし、ご自身の立場が社内的に重要なポストではない限り、会社代表印の捺印をお願いされた場合は、上司に相談するようにしましょう。
会社銀行印は名前の通り、会社で使用する銀行に届出している印鑑となります。

これに関しても防犯上、最低限の使用としましょう。無くしたりすると大変です。

最後に、角印となりますが、この角印、見た目は会社代表印位の風格があります。
これが捺印してあるとそれなりの資料のように思えます。
実際に、見積書等にも捺印されていますので、それなりの効力があるようにお思いの方の多いと思います。 ところが、この角印ですが、個人でいう認め印と同じ効力となります。会社におけるシヤチハタがこの角印となります。

会社での印鑑について
Yahoo!知恵袋 最新ベストアンサー

質問内容

この度初めての1人暮らしをするために、アパートを借りることにしました まず入居申込書に私と連帯保証人の署名と捺印をしました。私と連帯保証人の身分証コピーと保証人の印鑑証明書を同封 したのですが、保証人の保証能力に不安があるとのことで、保証会社を利用することになりました 保証会社への支払いは保証人を立てた上であれば料金が安くなると言われ、保証会社と保証人の両方に頼むことになりました その際に保証会社への申込書にも私と保証人の両方がサインをし、必要書類ということで私の直近の給与明細と源泉徴収票を提出しました その後の本契約の際に賃貸契約書(16ページほど)が送られてきてそれにも借主と連帯保証人の署名と捺印(実印)の欄が5箇所ほどありました 他にも保証会社への保証委託書といった書面にも両者のサインが必要でした 違う不動産ではありますが、以前友人がアパートを借りた時は1度だけ不動産に行っただけで後は手続きなどいらなかったと聞いていたので、この不動産屋ではこんなにアレコレ書かせるのかと思ってしまいました 入居予定のアパートは大家がおらず、不動産屋が管理しているというのも面倒臭い原因なのでしょうか? 保証人は書く欄の多さに辟易したのか「こんな不動産断っちまえ、家賃4万円程度でここまで書かせる不動産なんか普通はない、気味が悪い」などと怒ってしまいました (結局サインはしてくれたので後は提出するだけです) この様にキッチリやらせる不動産が普通なのか、友人が経験したように1度不動産屋に足を運ぶだけで契約が済むのが普通なのか私には分かりませんが、この不動産屋に対してあまり良い印象は持てなくなりました 皆さんがアパートを借りた時はどうでしたか? また、詳しい方はどう思いますか? 聞かせて下さい

ベストアンサー

一般論ですので今回がそうであるとは言い切れませんが、現役の大家として、過去に賃貸を利用した経験とあわせて回答します。通常、申し込み書→家賃保証契約書→本契約書に署名・捺印・必要に応じて身分証明の同封をやっているのであれば管理課しっかりとしているといえます。1回ですべての契約ができるというのは一見良い対応のように思えますが、得てして見切りで契約を進めている場合が多くあります。申込書をもらい審査し適切な契約(保証人の資力・保証契約の必要性・大家の意向など)を判断します。その上で必要な契約を締結するので、ほぼ間違いがありません。一方いきなり契約書の署名・捺印の場合、後日大家の意向や保証会社が保証を受けられないなどの理由で契約できなくなったりすることが少なからず発生します。これは不動産屋が手数料欲しさに「この人なら大丈夫だろう」という見込みで契約を急ぐのです。最終的に契約の締結を判断するのはサブリース物件を除き大家であり、多くの大家は、保証契約を前提に契約を結ぶか否かを判断しています。手順を踏んでもどんでん返しがあるものです。大切なことは常に最悪を想定し今後の見通しを立てるようにしてください。利便性だけを求めると大やけどをすることがあるということを肝に命じることをお勧めします。尚、まれに不動産屋直営の賃貸もありますが管理を併用している不動産屋であっても多くの場合大家がいて、代理人として契約を任せているだけでです。このような場合、責任が伴うので特に丁寧に契約を進めのだと思われます。以上参考になれば幸いです。

質問日時:2016/02/10 07:44:13 回答数:2

質問内容

税金の還付についてです。 現在私は大学生で、昨年4月〜12月まで、家庭教師派遣会社を通して家庭教師として働いていました。頻度的にはそれほど多くなく、先日送付された支払調書には支払金額 が約12万円(指導料)、源泉徴収税額が12,000円程となっています。昨年の収入はこのアルバイトのみです。 この場合、納税額は全て還付されるのでしょうか?また、身分証明書や印鑑などをもって税務署に向かえば良いのでしょうか? 調べたのですがあまりよく分からず、質問させて頂きました。 よろしくお願いします。

ベストアンサー

まず、支払調書を発行されたのであれば、それは事業所得にあたると思います。 税法上は、バイトや、サラリーマン等がもらうような給与所得では無いということです。 税務署に持っていくものは、支払調書と、印鑑だけで大丈夫です。 その上で、年間所得が12万円ということであれば、全額還付されますね。

質問日時:2016/02/09 09:08:59 回答数:1

質問内容

旅行代金の支払いについてです。 来週、旅行に行きます。 今週末に、旅行会社にお金を持って行き チケットと替えてもらえることになります。 友達と2人で行くのですが、そのチケットを取 りに行くのに、なかなか二人の予定が合わず 揃って支払いに行くのが難しそうなのですが、 どちらか片方がお金を持って 2人分支払い、受け取る ということは可能なのでしょうか? 印鑑なども必要なのでしょうか。 皆様のご意見や、体験したことがありましたら、是非教えてください。

ベストアンサー

旅行会社に勤めてましたけど、そういう方はけっこうおられましたよ。 ただ、受け取り後のトラブルに関しては、内容によって関知できませんので、ご了承ください。

質問日時:2016/02/09 07:51:31 回答数:1

銀行印の印鑑の書体の選び方
http://hostalmayasalta.com/

このページの先頭へ