必要な印鑑

  • RSS

皆さん、はんこの効力に関して、考えた事がありますか。 ハンコ社会である日本において、ハンコの効力をしっかりと認識していないと、大変な事となります。

私も若い頃のお話となりますが、お客さんの要望を簡単に受けてしまい、会社代表印を捺印してしまい、大変な事となりました。
まだ、その当時は、上司が謝りに行けばなんとかなる時代でしたので、よかったです。

話は戻りますが、まず会社において、必要な印鑑として、会社代表印、会社銀行印、角印の3本があります。
これは、ハンコ屋さんにおいても会社印3本セットとして、販売しています。
先程、話の出た会社代表印ですが、会社の実印と言われていて、法務局への届け出もしています。
ですので、効力に関しても、かなりのものです。重要な書類等以外には使用は控えた方が無難となります。

もし、ご自身の立場が社内的に重要なポストではない限り、会社代表印の捺印をお願いされた場合は、上司に相談するようにしましょう。
会社銀行印は名前の通り、会社で使用する銀行に届出している印鑑となります。

これに関しても防犯上、最低限の使用としましょう。無くしたりすると大変です。

最後に、角印となりますが、この角印、見た目は会社代表印位の風格があります。
これが捺印してあるとそれなりの資料のように思えます。
実際に、見積書等にも捺印されていますので、それなりの効力があるようにお思いの方の多いと思います。 ところが、この角印ですが、個人でいう認め印と同じ効力となります。会社におけるシヤチハタがこの角印となります。

会社での印鑑について
Yahoo!知恵袋 最新ベストアンサー

質問内容

労働関係について質問します。 今勤めている会社の就業規則や労務管理について疑問があります。 ①就業規則はあるのですが、従業員が閲覧できないように各営業所に備え付けられていません。 ② 就業規則を変更する際に労働者の過半数代表者の意見書を添付することになっていると思いますが、意見書に捺印する代表者の印鑑について、本社が代表者名の印鑑(本社が本人に内緒で用意しているもの)を無断で捺印しています。 ③労基署に提出していない賃金規定があり、その賃金規定で労務管理されています。ちなみにこの賃金規定には残業手当15万円(100時間分)との記載があります。 これらは全て違法行為となるのでしょうか? 労基法では時間外労働時間の上限が45時間/月と規定されている中で、100時間分の固定残業代は許されるのでしょうか?ちなみに18万円(120時間分)というのも存在しています。

ベストアンサー

①就業規則は、労基法により従業員への周知方法が定められています この方法によらない場合は、法的には認められないという弁護士さんの意見もあります ②これは異常な行為ですね ただ、労基署は形式主義ですから、従業員代表とされる方のサインがあれば有効な文書とみなして受け付けはされます 組合がない場合は、労働者代表のサインが必要ですが、従業員の過半数をもって代表者とされる条件は 「労働者の過半数を代表する者」とは、労基則は、①労基法41 条2 号に規定する監督又は管理の地位にある者でないこと(6 条の2 第1 項1 号)、②労基法に規定する協定等をする者を選出することを明らかにして実施される投票、挙手等の方法による手続により選出された者であること(6 条の2 第1 項2 号)のいずれにも該当する者であるとしている。 とされています この、従業員代表者とされた方が、知らぬ間に名前を書かれて、お書きになったように印も勝手に押されてますと、刑法上の有印私文書偽造並びに行使の罪に問われることとなります ただ、本人が知ってれば(承諾すれば)これはややこしくなりますね ③実は、法定上は≪みなし残業時間たるものの上限は定められていません≫し存在しません お書きになったのは、36協定上の一般労働者の残業許容時間ではないでしょうか? これからすれば、100時間の固定残業時間は異常ですが、これを定めても違法ではありません ただ、問題はみなし残業手当の金額が、その地方の《最低賃金額を下回ってないか》ということです >ちなみに18万円(120時間分)というのも存在しています。 これは、1時間当たり1500円ですから最低賃金に抵触はされません ただ、36協定の上限との問題がありますので、根拠としておかしいとは言えますね 労基署の見解を聞かれることをお勧めします

質問日時:2015/01/29 01:04:41 回答数:4

質問内容

少額訴訟を起こされました。 原告が見てる可能性もあるので詳細は伏せますが、原告は会社の元代表で、被告は会社です。私は会社の現代表です。 訴えの内容は、原告が代表時代に自腹で支払って いた交通費を全額払えというものです。 私は原告と一緒に会社を興しまして、売上が上がるまでは役員報酬は無しで、交通費も自己負担にしよう、売上が出てきたら少しずつ返していこうと話し合いで決めました。 ところが、原告は仕事のやり方が気に入らないと自分から勝手に辞めて行きました。決算も赤字でとても配当が出る経営状態ではありません。 弁護士にも相談しましたが、きちんと証拠となるものを用意し、答弁をすればまず負けはしないと言われました。 答弁書も弁護士の先生が下書きしてくれたのがありますので、それを元に制作しています。 証拠に関しても、弁護士さんに言われたものを用意してます。 原告は弁護士を立ててはいません。私も弁護士へはこの相談だけで当日は私が出ることになります。 ただ、過去のやり取りの中で、急にキレ出して大声を出されたりした過去があり、原告に対して一種の恐怖のようなものがあり、当日顔を合わせるのが非常に怖いのです。 そこで、当方としては通常訴訟へ移行手続きをしようかと考えました。 理由として、通常訴訟であれば出廷せずとも書類を提出することで弁論したとみなされると知恵袋で見たことがあり、まず証拠書類だけでも負けないと思ってること。 また、借りに負けたとしても少額訴訟で負けた時となんら変わらないので、それなら顔を合わせないほうが心のダメージが少ないこと。 あとは、20万程度の請求に対して弁護士を雇うことは無いと思っており、原告は正直あまり頭が良い方ではないので、本人訴訟で来ることはないと思い、訴えを取り下げるかもしれないと思うこと。 以上が理由です。 弁護士さんにこのことを話すと、まずは少額訴訟に出て万が一負けたら異議申し立てをして通常訴訟にしたほうがいい。原告も裁判官の前で暴れたりしないし、仮に暴れたら裁判官の心証は悪くなるから有利だ、と言っていました。 それはごもっともだと思いますが、それ以上にやはり顔を見るだけで怖いのです。 長くなりましたが、上記を踏まえて質問です。 1.通常訴訟へ移行した際に、私の家の管轄する簡易裁判所へ変更はできるのか。 被告は会社で住所は都内です。原告も都内在住です。 ただ私は遠方に住んでおり、会社は住所が都内なだけで実際に通ってはいません。 それでも被告は会社なので、会社のある都内が管轄となるのでしょうか。 2. 実は訴えられる前から会社の登記を私の住む県へ移そうと思っていました。 今の時点で会社の住所を私の住む県へ移すことは出来ますか? 移せた場合、簡易裁判所を私の県にすることは可能ですか? 3.被告側には証人もいますが、平日は仕事が休めないそうなのですが、証人による陳述書だけでも証拠になりますか? その場合、陳述書に証人の印鑑を押すだけで良いですか?認印でも大丈夫でしょうか? 4.通常訴訟へ移行した場合、少額訴訟の出廷日には行かなくて良いのでしょうか。 また、相手が訴えを取り下げなかった場合、通常訴訟の最初の出廷日はいつになりますか? どうぞよろしくお願いします。

ベストアンサー

あまり詳しくないのですが・・・・ 通常裁判になった場合ですが、確か1回目は答弁書を出すだけで問題はないですが(擬制陳述)、2回目以降はそれができなかったと思います。 ですので、原告・被告ともに弁護士を頼まなければ、1回目は顔を合わせなくて済んでも、2回目以降があれば顔を合わせることになるはずです。 どうしても顔を合わせたくないのなら、弁護士か認定司法書士に頼んで少額訴訟で受けて立てばいいのでは?

質問日時:2015/01/28 11:55:49 回答数:2

質問内容

医療費控除について教えて下さい。 会社で年末調整の提出を終えました。 あとから自分で 医療費控除申告はできますか? もし、出来るなら… 病院のレシート 会社から貰った源泉徴収 印鑑 以外に何か持っていくものはありますか? できなければ諦めます。

ベストアンサー

質問者が準備されているもので、十分です。 あえて言えば、病院のレシートは、病院ごとに束ねておいて、合計しておけば、税務署で確定申告書を提出するときに、少し楽になります。(合計はメモ帳にでもとりあえず記載しておきましょう。) http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki02/pdf/003.pdf ↑医療費の明細書 http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2014/pdf/04.pdf ↑医療費控除について

質問日時:2015/01/24 00:20:40 回答数:2

銀行印の印鑑の書体の選び方
http://hostalmayasalta.com/

このページの先頭へ