必要な印鑑

  • RSS

皆さん、はんこの効力に関して、考えた事がありますか。 ハンコ社会である日本において、ハンコの効力をしっかりと認識していないと、大変な事となります。

私も若い頃のお話となりますが、お客さんの要望を簡単に受けてしまい、会社代表印を捺印してしまい、大変な事となりました。
まだ、その当時は、上司が謝りに行けばなんとかなる時代でしたので、よかったです。

話は戻りますが、まず会社において、必要な印鑑として、会社代表印、会社銀行印、角印の3本があります。
これは、ハンコ屋さんにおいても会社印3本セットとして、販売しています。
先程、話の出た会社代表印ですが、会社の実印と言われていて、法務局への届け出もしています。
ですので、効力に関しても、かなりのものです。重要な書類等以外には使用は控えた方が無難となります。

もし、ご自身の立場が社内的に重要なポストではない限り、会社代表印の捺印をお願いされた場合は、上司に相談するようにしましょう。
会社銀行印は名前の通り、会社で使用する銀行に届出している印鑑となります。

これに関しても防犯上、最低限の使用としましょう。無くしたりすると大変です。

最後に、角印となりますが、この角印、見た目は会社代表印位の風格があります。
これが捺印してあるとそれなりの資料のように思えます。
実際に、見積書等にも捺印されていますので、それなりの効力があるようにお思いの方の多いと思います。 ところが、この角印ですが、個人でいう認め印と同じ効力となります。会社におけるシヤチハタがこの角印となります。

会社での印鑑について
Yahoo!知恵袋 最新ベストアンサー

質問内容

現在派遣で働いており、派遣の健康組合の保険証をもっています。 年末調整の書類も昨年に提出しました。 その後今年に入って確定申告の申請用紙が届きました。 会社で年末調整を行なったのにもかかわらず、確定申告しなければいけないのでしょうか? 転職し初めて届いた確定申告申請書に戸惑っています。 ここら辺全くの無知でお恥ずかしいのですが、どなたか教えて下さいますでしょうか? 因みに、会社の労務に電話をし年末調整をしたのに確定申告するのか?と問い合わせたところ、別の作業になるのでしてくれ。と言われました。 ただ、ネット検索だと、年末調整を会社が行えば確定申告をする必要はない。というようなことも見てよくわからなくなりました。 もう1つ、年末調整の書類に印鑑を押し忘れたまま送ってしまい、後に気づき連絡したところ、不備があればこちらから連絡し不備があった旨を添えて年末調整書類を郵送すると言われたのですがきませんでした。 印鑑を押してなかったから年末調整されず、確定申告しなければならなくなったのでしょうか? 本当によくわかりません。 ご回答宜しくお願い致します。

ベストアンサー

年末調整をされているなら、通常は確定申告をする必要はありません。 年末調整は雇用主の義務なので、年末調整書類の提出があったにも関らず処理されていないなら、その派遣会社の責任ですよね。 ただ年末調整の対象ではない項目もあり、確定申告も同時にされる会社員も大勢います。例えば副業をされていたり、昨年入院をしたり医療費負担が大きかった方は確定申告をしる必要があります。 昨年働いた他の会社の源泉徴収票を年末調整で提出され、副業もされず、医療費などの負担も大きなものが無かったなら確定申告する必要は無いでしょうね。

質問日時:2017/02/21 23:00:40 回答数:1

質問内容

会社にマイナンバーを、求められ拒否しました。 すると社長から拒否する理由と、それによる不利益は自分で責任を、取る趣旨の一筆と、印鑑を求められました。 会社にはそのような書面の提出を求める義務もなく、また不利益も無いと思うので、今の所その申し出を、拒否しようと考えております。 そもそも必要の無い書面を、書かせるのはパワーハラスメントじゃないかぐらいに思ってます。 私の考えは間違っているのでしょうか?

ベストアンサー

下で多重HNっぽいキチガイが沸いていますが これが マイナンバー制度による監視社会 全体主義を夢想している ネトウヨやキチガイの正体です。 国民目線、労働者目線で物事を書かない、 嘘捏造を交えて脅迫や圧力でねじ伏せようとする そんな実態をよく把握しておく必要があります。 その通りパワハラですよ ちなみに 会社に書面を出すなら 会社の言いなりの書面ではなく 全商連のサイトのものを使ったほうがいいと思います。 http://www.zenshoren.or.jp/zeikin/chouzei/mynumber/index.html 単に企業に国際的な視点も含めて正しい知識があるかどうかの違い 金額の多寡や職種に関係なくマイナンバー提出拒否は可能ですし 賢明な企業ならマイナンバーは取り扱いません。 マイナンバー提出拒否は 所得を隠したり脱税したりするためにするものではなく個人情報漏れや悪用を防ぐためにするものです。 マイナンバー制度は海外では通称国民総背番号制といい、ドイツやハンガリーでは憲法違反判決、アメリカや韓国では悪用され犯罪大国化するなど極めて悪名高い制度です。こんな制度を推進したい人は利権関係者、全体主義者、悪用を考えているなどろくな人間はいません。 きちんとした見識を持ち賢明な企業と賢明な労働者がいる企業ならまずマイナンバーは要求しませんし労働者も出しませんね。あとは意識の違いでしょう。 なおマイナンバー提出拒否しても不利益はないと政府は回答してます。 まずはっきり言えるのは 「税と社会保障の公平公正のためにマイナンバーを提出しなければなりません」的な回答は悪意あるデマだと思ってください。知恵袋にはその手の政府回答すら無視する悪質な荒らしがうろうろしております。 この件について一番多い「間違い回答」「デマ回答」は以下のようなものです。 【マイナンバー制度を導入した目的は脱税防止なので、職場にはマイナンバーを提出しなければならない】 これは事実ではありません。 政府回答は「マイナンバーを提出しなくても不利益はない」 ちなみにこのサイトは弁護士のホームページです。 http://moriyama-law.cocolog-nifty.com/machiben/2015/11/post-3c63.html マイナンバー 朗報!事業者も要らない・各省庁がお墨付き 最善の対策は何もしないこと 【内閣府】 「個人番号カード」の取得は申請によるもので強制ではない。カードを取得しないことで不利益はない。 「扶養控除等申告書」「源泉徴収票」などの法定資料 や雇用保険、健康保険、厚生年金保険など書類に番号が記載されていなくても書類は受け取る。記載されていないことで従業員、事業者にも不利益はない。 従業員から番号の提出を拒否されたときは、その経過を記録する。しかし、記録がないことによる罰則はない。 【国税庁】 確定申告書などに番号未記載でも受理し、罰則・不利益はない。 事業者が従業員などの番号を扱わないことに対して国税上の罰則や不利益はない。 窓口で番号通知・本人確認ができなくても申告書は受理する。 これらのことは個人でも法人でも同じ。 【厚生労働省】 労働保険に関して共通番号の提示が拒否され、雇用保険取得の届け出で番号の記載がない場合でも、事務組合の過度な負担が生じないよう、ハローワークは届け出を従来通り受理する。罰則や不利益はない。 労働保険事務組合が番号を扱わないことによる罰則や不利益な扱いはない。 番号を記載した書類を提出するとき、提出者本人の番号が確認できない場合でも書類は受理する。 上記政府回答を基にして全商連や弁護士会がコメントを出しています /// 事業者は、マイナンバー制度が導入されたことにより、国税通則法などで税務書類等に個人番号の記載が義務付けられましたが、記載がなくても罰則がないため、国税庁は「記載がなくても不利益はない」と回答しています。そして、従業員には会社に対して個人番号の提示・提出する法的義務はありません。したがって、国税庁など省庁から不利益を受けることはないといえます。したがって、従業員側から企業に対して個人番号の提示を拒否しても問題はありません。企業経営者が従業員に対して個人番号を収集しないといった趣旨の通達を出すことについても、上記国税庁の回答から考えて不利益を受けることはないと考えています。ただし、国税庁は「事業者は個人番号を集める努力をして、それでも収集できなかった場合は、従業員に提示を拒否された旨の記録をとっておくこと」と回答していますが、記録をとらなかった場合の罰則・不利益はないことまでは確認しています。ちなみに国税庁は、税務調査が不利益とは考えていないという趣旨の回答をしています。国税庁の回答が今現在ではなく翌年 翌翌年でも未提出で済ませることができるかどうかの話ですが法改正がされない限りは、恒久的です。 もしマイナンバー制度に賛成している企業の経営者が、マイナンバー提出を拒否した従業員に対して、「提出しないと給料を払わない」などと脅している場合は個人番号提示・提出が給料などの支払い条件とする根拠を明らかにすることだと思います。個人番号制度は「税・社会保障・災害」分野での利用に限定されています。それ以外の利用は、目的外利用であり、違法であることを主張すべきです。 /// これを見てわかると思いますが、マイナンバーを提示された事業者は税務署などに提出する書類にマイナンバーを記載する義務を負うが、提示がなければ空欄で提出しても構いません。 何を意味するかというと「マイナンバーを提出しようとしまいと 税務署は正確な所得の捕捉に支障はない」のです。 マイナンバーを提出しなければ上記の法定資料にマイナンバー記載せずとも役所は書類を受理しますが、提出したら必ず記載しないといけません。そしてその控えは7年間保管義務が課せられます。 (所得税法施行規則76条3、国税通則法70条) つまり 今すぐやめても7年間はアルバイト先にマイナンバーが残る→7年間情報が洩れる可能性があるっことです。 詳細は後述しますがハッカーや名簿屋などが協力して会社からマイナンバーが洩れ、役所からマイナンバーに紐付けられた情報が流出すれば個人情報が他人に知られる可能性があります。 マイナンバーを提出拒否したほうが良いというのは 所得を隠したいからではなくプライバシー保護(情報漏洩のリスク)の観点からですね。 マイナンバーの情報漏洩のリスクについては 以下参照ください http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10164507755 余談 マイナンバーを導入した側は↑のリンクで示した利権などが絡んでおり 推進したい人は利権関係者や犯罪による悪用を企んでいる人が大半だと思います。 彼らは本音を言えないので「マイナンバー制度の目的」を「脱税防止」だの「税と社会保障の公平公正のため」などと書き込こむことがありますが大ウソつきだと思ったほうがいいです。 不正摘発についてもっと詳しく言いましょうか? ・2003年に施行された本人確認法 ・2008年に施行された犯罪収益移転防止法 ・2001年から全国網となった国税総合管理システム これにより 銀行口座は本人確認が必要となり 口座の入出金やその他の企業が税務署に提出した源泉徴収票の内容など法定資料は全て国税総合管理システムに情報が上がります。 だから仮名口座摘発も嘘であり 銀行口座を使わない手渡しにすればマイナンバーがあろうとなかろうと追えません。 この国税総合管理システムはお金のやり取りがあった場合、相手方も検索できるので 自分が脱税を試みて正しい申告をしなかったとしても相手が正しい申告をしていれば矛盾が生じで脱税がばれます。 本当に脱税をする気ならば国税総合管理システムに情報が上がらないように 銀行口座ではなくすべて手渡しでお金のやり取りをして受け取る方と払う方が共謀して法定資料を誤魔化す申告をすることが必要になります。 つまり、法定資料にマイナンバーを書くまいとそんなものは「飾り」のようなもので所得の捕捉などに影響しません。ですから雇用主が雇用者の依頼に応じて脱税に協力しない限りマイナンバーを提出しようとしまいと関係ないのです。

質問日時:2017/02/21 04:49:37 回答数:6

質問内容

質問です。自分の会社の定款を見ることはできますか?かなりブラックです。あと、会社の誰が役員なのかも社員には知らされてません。株式会社ですが、親会社から分社化?されたのですが、全権、親会社が持ってます。 株式も親会社が持ってます。社長は飾り、印鑑も親会社が持ってます。

ベストアンサー

法務局で登記簿謄本を入手すればよいです。

質問日時:2017/02/19 23:15:31 回答数:1

銀行印の印鑑の書体の選び方
http://hostalmayasalta.com/

このページの先頭へ