必要な印鑑

  • RSS

皆さん、はんこの効力に関して、考えた事がありますか。 ハンコ社会である日本において、ハンコの効力をしっかりと認識していないと、大変な事となります。

私も若い頃のお話となりますが、お客さんの要望を簡単に受けてしまい、会社代表印を捺印してしまい、大変な事となりました。
まだ、その当時は、上司が謝りに行けばなんとかなる時代でしたので、よかったです。

話は戻りますが、まず会社において、必要な印鑑として、会社代表印、会社銀行印、角印の3本があります。
これは、ハンコ屋さんにおいても会社印3本セットとして、販売しています。
先程、話の出た会社代表印ですが、会社の実印と言われていて、法務局への届け出もしています。
ですので、効力に関しても、かなりのものです。重要な書類等以外には使用は控えた方が無難となります。

もし、ご自身の立場が社内的に重要なポストではない限り、会社代表印の捺印をお願いされた場合は、上司に相談するようにしましょう。
会社銀行印は名前の通り、会社で使用する銀行に届出している印鑑となります。

これに関しても防犯上、最低限の使用としましょう。無くしたりすると大変です。

最後に、角印となりますが、この角印、見た目は会社代表印位の風格があります。
これが捺印してあるとそれなりの資料のように思えます。
実際に、見積書等にも捺印されていますので、それなりの効力があるようにお思いの方の多いと思います。 ところが、この角印ですが、個人でいう認め印と同じ効力となります。会社におけるシヤチハタがこの角印となります。

会社での印鑑について
Yahoo!知恵袋 最新ベストアンサー

質問内容

入社時の提出書類で、家族全員の住民票、戸籍謄本、印鑑証明書とマイナンバーカードを請求されました。 仕事はパートですが、会社は1人社長やってるんです。。。 以上の書類の提出は義務です か?

ベストアンサー

住民票はわかりますが、扶養でない限り家族全員分は要りません。 戸籍謄本の提出を強要することは法律で禁じられています。 印鑑証明書は絶対に提出してはいけません。 そもそも、入社手続きで実印を使うことはありません。 マイナンバーカードは原本を見せる必要がありますが、 原本を渡してはいけません。コピーを提出してください。

質問日時:2016/12/04 07:01:49 回答数:2

質問内容

マイナンバーって恐ろしいものですね こんなの見つけた ■行政利用と想定被害 マイナンバーを悪用したなりすましにより、本人確認をパスできれば、正規の手続きの振りをして、行政手続きが不正に行われる可能性があります。今後、マイナンバーカードが免許証やパスポートなどと同等に身分証明に活用されていくと、マイナンバーそのものよりも、むしろ「マイナンバーカード」が盗用されることの方が、新たなリスクと考えられます。 例えば、マイナンバーカードの顔写真欄に偽の顔写真を貼り付けることにより、マイナンバーカードの信頼性を悪用して、本人になりすました不正な住民票の入手や書き換え、印鑑登録の変更、婚姻届や死亡届などの行政手続きが行われてしまう可能性もあります。もし、偽の顔写真の貼り付けが難しい場合であっても、マイナンバーカードの情報を手掛かりに、本人確認が困難な手続きにおいて、代理人になりすましをされるリスクも考えられます。 また、2017年以降は、マイナポータル(情報提供等記録開示システム)の利用により、一部の行政手続きがインターネット上でできるようになる方向ですが、ログインに必要な認証情報の一部は、マイナンバーカードのICチップ内に格納されているため、認証上のリスクがあります。 現時点(2015年7月現在)で詳細は不明ですが、ICカードリーダーやスマートフォンにかざして読み取らせ、認証を行う方式も想定されます。そのため、マイナンバーカードが盗用されると、不正アクセスによりマイナポータル経由で不正な行政手続きが行われ、さらには非常にプライバシー性の高い機微な個人情報にアクセスされる恐れもあります。 ■民間利用と想定被害 マイナンバーの民間分野の利用は、現在は行わないことになっていますが、将来的には拡大していくものと想定されます。 例えば、免許証や健康保険証、パスポートなどの身分証明に代わって民間企業が顧客の本人確認などにマイナンバーカードを利用し始めると、マイナンバーカード悪用の価値が高まり、盗難リスクが生じます。特に、インターネット通販や、自販機の成人認証などの本人確認が必要とされるシーンでのマイナンバーカードの悪用も懸念されます。 ①勝手にクレジットカードが作られて引き落としされる。 ②引き落としを止めようにも止まらない。 ③借金を背負わされる。 そして、警察や金融機関に訴えたものの、「調査はしてもらえるが結局お金は返ってこない」ということになりそうです。そしてなりすまし被害の場合には「泣き寝入り」が当たり前に。 こんな状況が当たり前になる可能性もあります。 ■そして、運が悪いとこんな被害に遭う可能性もあります。 知らぬ間に「会ったこともないし名前すら知らない外国人と入籍していた」、離婚しようにも相手がどこにいるのか分からないし、とにかく何が起こっているのか不気味。探偵会社を雇って調査をすると、その相手が不法滞在者ということで配偶者の自分にも飛び火。事情聴取を受けるなど面倒に巻き込まれてしまう・・・ 勝手に自分名義の車が契約されていて、その車を使った犯罪が発生。勤務中に警察から呼び出しがかかり、会社を早退。弁明や後処理にも多大な時間がかかった上に、会社からの信用も失う。 知らぬ間に住民票が移転されていて、気付いた時には、自分名義でアパートが契約されていて見知らぬ外国人が多数、そのアパートに住んでいる。家賃の未納が溜まっていて、支払う羽目に。外国人を追い出すのにも、弁護士等に依頼し、多大な金額や労力を使う。

ベストアンサー

まあ 悪用されないと考える方がおかしいですね まず最初に嘘の回答(典型的な知的弱者の回答)をするなら ①免許証や健康保険証と同じだからリスクがない →そんなわけがない これからいろいろな紐付けが始まろうとしています。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13152914403 ②分散管理だから問題ない →電気通信事業者も固定電話、携帯電話、プロバイダなど分散管理ですが? 問題が噴出するのは3年後以降でしょうね。なぜか? マイナンバーは海外では国民総背番号制と言われて 国民を監視する制度としてあるいは情報漏洩の犯罪大国化する危険がある制度として 悪名高くドイツ他複数の国で憲法違反判決が出たりしています。 3つのパターンに分かれており ・憲法違反判決が出る(ドイツなど) ・人格権の侵害として撤回される(イギリスなど) ・情報漏洩の犯罪大国と化す(アメリカや韓国など) のどれかです。 特にアメリカなどは(成りすまし詐欺や身に覚えのない税金の督促など)個人情報流出の被害者が3年で1170万人を数えています。 政府も情報漏れを覚悟しているから罰則は付けているのでしょうね? はっきり言いますが将来に渡り情報漏れがいないと言う人がいたら本物の馬鹿ですよ。 もしマイナンバー情報を流出させても危険でないならば ・なぜ最高懲役4年(懲役は3年を超えると執行猶予が付かないので即刑務所行き)などの罰則があるのでしょうか? ・会社と言わずご近所にマイナンバーカードを見せびらかしてもそこから何の情報も引き出せないはずです。なぜ焼肉屋が29の入ったマイナンバー通知カードを見せたら割引するサービスを始めたら政府が制止したのでしょうか? ・2015年 マイナンバー通知カードを家族分まとめて世帯主に発送する際に DVや離婚協議中などの理由で9月25日までに役所に申請すればマイナンバー発送先を変えてもらえる制度があったのはなぜでしょうか? 当然マイナンバーを流出されたら悪用されることを国も認識しています。もし マイナンバーが流出してもそれだけでは悪用されないと言っている人がいたとしたら国の見解すら認めていない頭がおかしい人なのでしょうね。もしマイナンバー情報が流出しても危険がないだの個人情報が調べられることがないのに罰則を設けたとしたらそっちの方がヤバイですね。政府の政策に反対した場合に人を陥れる布石とも解釈できるからです。 マイナンバーで個人情報を漏らすことによる罰則は最高で4年です。 ポイントは A刑事訴訟法では公訴時効は罰則で決まり、懲役4年が最高なら公訴時効は3年である B強盗、傷害、殺人(行方不明含む)などの犯罪ならば誰かが通報して即捜査が始まる可能性が高いが、会社のマイナンバー担当が外部の闇業者に密会して情報を売っても知りえるのは当事者間だけなので即発覚する可能性は低い。つまり今情報を売って「悪用するのは勝手だが3年間は情報を寝かしておいてくれ」となれば晴れてその情報を使うことができることになります。 C今はマイナンバーに紐付けられている情報は住所氏名生年月日性別など限られていますが、住基ネット時代に国民に計画されてきた事実を考えれば将来は財産や病歴など様々なものが紐付けられる可能性があります。 その頃にはBで今情報を流している人は晴れて時効でしょうね この件で一番恐ろしいのはマイナンバーと様々な情報が紐付けられていない今現在ではなく、紐付けられた将来です。マイナンバー関係で情報漏洩した場合でも3年経ては時効です。殺人や強盗などの即発覚して通報されるケースと違い、情報漏らして3年間寝かしておいて悪用すれば捜査すらできないことになります。 マイナンバーが変更されない、そしてマイナンバーが裏名簿屋の手に渡ったと仮定すると 今のうちに収集した氏名とマイナンバーで裏名簿を作り、「貯金」「病歴」など表を作ります(今現在はこれらの情報は紐付けられていないので空欄です)。ところが、紐付けられる情報が増えてくると彼らは役所の内通者から情報を買って空欄を埋めていきます。そしてそれを基に裏名簿ができます。 一方 民間で(違法なことも辞さない)探偵に調査を依頼する人がいると裏名簿屋に照会をかけます。そして空欄が埋まっていてデータが存在すると調査結果として依頼者に出力します。 「調査なんて探偵に頼めば済むのでマイナンバーから情報漏洩の心配はない」なんてのは大嘘だからね。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11157453101 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10156037355 要するに 早い段階でマイナンバー情報が横流しされ 個人とマイナンバーのリストが名簿になれば後から政府がマイナンバーと様々な情報を紐つけてくれますから(業者は会社からマイナンバーを集めて、公的機関からはマイナンバーに紐つけてある情報が集まる。マイナンバー賛成なんて言っている人はそれを期待している)、その時は裏業者が蔓延して、大半の犯罪は発覚しないか発覚しても公訴時効を過ぎている。公訴時効を過ぎていれば警察も捜査しないので漏らした人間のいる職場に通告もされない)、無理が通れば道理引っ込むの例え通り情報漏洩社会となり、一方法律を遵守して高額で尾行や追跡調査をしていく馬鹿正直探偵が食っていけなくなりますよ(大手のフランチャイズ制の探偵なら 探偵学校とか悪徳商法まがいの集金システムがありますが)。 会社にマイナンバーを提出しているサラリーマンはこうやってプライバシーがガラス張りになりることもあります。 情報屋なんてのは 個人情報保護法施行後 調査に制限がかかって皆苦しんでいるのですよ。昔は役所で住民基本台帳を丸写しできましたが今はできません。悪いことをしている人には滅多にない儲けのチャンスですが、知恵袋にも関係者と思われる人間で「マイナンバーで何もばれない」と工作活動をしている人がいますよね?

質問日時:2016/12/02 18:23:02 回答数:1

質問内容

会社の代表印について質問です! 同じ印鑑2つ作ることは可能ですか? 社長が常に持っていますが、支店が遠方にあるので、なにか契約のたびに社長が支店に代表印押印しに行くのが大変です。 なので同じ代表印2つ作って、本店、支店にと置けばいいのかなーと思いました。

ベストアンサー

それはできません。 しかし、支店を法務局で支店登記し、支店長を支配人登記すれば、 支店長名義の実印が作成でき、一般的な契約行為は、 代表者印でなくとも、支店長の押印で、決済ができるようになります。

質問日時:2016/12/02 05:08:19 回答数:2

銀行印の印鑑の書体の選び方
http://hostalmayasalta.com/

このページの先頭へ