必要な印鑑

  • RSS

皆さん、はんこの効力に関して、考えた事がありますか。 ハンコ社会である日本において、ハンコの効力をしっかりと認識していないと、大変な事となります。

私も若い頃のお話となりますが、お客さんの要望を簡単に受けてしまい、会社代表印を捺印してしまい、大変な事となりました。
まだ、その当時は、上司が謝りに行けばなんとかなる時代でしたので、よかったです。

話は戻りますが、まず会社において、必要な印鑑として、会社代表印、会社銀行印、角印の3本があります。
これは、ハンコ屋さんにおいても会社印3本セットとして、販売しています。
先程、話の出た会社代表印ですが、会社の実印と言われていて、法務局への届け出もしています。
ですので、効力に関しても、かなりのものです。重要な書類等以外には使用は控えた方が無難となります。

もし、ご自身の立場が社内的に重要なポストではない限り、会社代表印の捺印をお願いされた場合は、上司に相談するようにしましょう。
会社銀行印は名前の通り、会社で使用する銀行に届出している印鑑となります。

これに関しても防犯上、最低限の使用としましょう。無くしたりすると大変です。

最後に、角印となりますが、この角印、見た目は会社代表印位の風格があります。
これが捺印してあるとそれなりの資料のように思えます。
実際に、見積書等にも捺印されていますので、それなりの効力があるようにお思いの方の多いと思います。 ところが、この角印ですが、個人でいう認め印と同じ効力となります。会社におけるシヤチハタがこの角印となります。

会社での印鑑について
Yahoo!知恵袋 最新ベストアンサー

質問内容

源泉徴収票について 昨年3月から夜勤パートをしています。 昨年末に会社から確定申告の申告書を渡され住所と名前、配偶者(無職・障害者1級)の名前と印鑑を押して提出しました。 今日、給料日だったのですが源泉徴収票をもらえませんでした。 私の会社の夜勤者は社長と会う事はなく給料も現金で私専用の金庫みたいなのに入れてくれています。なので社長に聞けませんでした。 3月からなので合計は103万未満です。103万未満の場合は源泉徴収票は出ないのでしょうか。

ベストアンサー

源泉徴収票を発行する時期は会社によって違いますが たとえ給料が1000円でも会社は源泉徴収表を発行する義務があります。

質問日時:2015/01/30 14:02:00 回答数:3

質問内容

住宅ローンの支払いについて 一昨日銀行で本審査の必要書類を出したばかりで、 保証会社のほうから連絡があるのは来週です。 工務店と契約時の前に仮審査を銀行からOKをもらい、 3回に分けて支払う形です。 その時に工務店担当者に仮審査に通り本審査で落ちることはまずないのでと言うので 銀行の人にも仮審査に通れば本審査で落ちることはないと言われました・・・ なので1回目は自己資金で払えるために、 2回目の支払いまでに銀行の本審査を受けたので良いかと工務店に聞いたら、 それでもかまわないというので銀行と本審査を受けずに工務店と契約してしまったのですが。 (その間ネット銀行の金利を知るために何社かに仮審査の申込みをしてました) 結局は仮審査を受けた銀行のほうが担当がいるので安心と言う事で会社の給与を振り込む銀行 で本審査を受けています。 1回目は自己資金で払えるので、振り込みで1回目を全額払いました 工務店から工期が予定より早くなってしまったので契約した時より 今日言われて1か月以上早く支払いをしてほしいと言われているので困っています。 本来なら3月初めが2回目の支払いです。 自分の場合1回目が現金で払うため変則的な例だと思うのですが、 通常はやはり本審査を受けてからの契約だと思いますが、こういう例もあるのでしょうか? あと銀行の人に契約時に工務店の契約書に収入印紙がないので、 収入印紙を貼ったのちに自分の印鑑証明と工務店の印鑑証明を押してもらってきて下さいと言われたのですが。 本来は契約時にすることではないのでしょうか? 初めての事で工務店の言う通りに契約したので (初めての住宅ローンで詳しくないので、鵜呑みにしてしまったのは自分の落ち度で反省してます・・・) 他を見ても仮審査に通れば本審査に落ちることはまず無いとありますが 仮審査に通って本審査に落ちることはあるのでしょうか? ちなみに会社は40年以上は続いてる地元の会社です。 自分は務めて13年ほどです。 ちなみに他にローンはなく、クレジットの遅延なども一切ないです 土地と工務店への1回目の支払いは自己資金で支払っています。 工務店も地元業者で30年以上続く会社でいい加減なところではないと思います。 ただ工期が早くなりすぎて材料代も10万単位の事ではないので早くしてほしいという気持ちも分からないではないのですが… それだったら年明けに早くいってくれないとこちらも対応ができない状況です。

ベストアンサー

工務店は、正直適当なところもあります。正直あなたに家を買って欲しい。それだけです。 住宅ローンの事前は、正直100パーセントではないです。 正式の時と銀行側に提出する書類がかわるからです。よくあるケースでは、団体信用生命保険の申し込みで借りられないケースです。正式申し込みで本来徴求される書類なのですが、ここで、過去の病気かわうつ病とか神経系の病気等罹患していたら、住宅ローンを借りる前提の団体信用生命保険に加入できずにローンを組めないこともありますし、その工務店がもしかしたら、ヤクザのフロント企業であることが発覚したら、銀行は貸せません。 などなど色々な点が正式申し込みと事前で違います。そうでないとわざわざ事前申し込みなどしません。 しかしながら、銀行も事前申し込み承認になっているものを正式でおとすのは、訴訟等リスクを伴いますので、 簡単には落としません。団体信用生命保険がととらなくても他の生命保険が充実していれば大丈夫だったりします。そういう点で9割型大丈夫ですが、工務店の言うとおりにしていたら、あとあと後悔しますので、気をつけてください。

質問日時:2015/01/30 07:02:04 回答数:2

質問内容

現在ある債務の支払いをするべきなのか教えてください。 以前よく家賃の滞納をして、後々保証会社に支払うということがよくあったのですが、先日別の保証会社から支払いを求められました。 内容は、2年程前に15万円滞納しており保証会社が立て替えましたが、その会社は夜逃げしてしまい、その会社にお金貸していたのでこちらに15万円払ってくれとのことです。 そんなに滞納していた覚えはないのですが、2年程前でしかも滞納はよくしていたので、もしかしたらしていたかなという思いあり、執拗に迫られたので、和解契約書というのを書かされてしまいました。 その際、債権が移ったような正式な書類はなく、私と同じような状況の人達の名前とそれぞれの債務が書かれた表を見せられただけです。 和解契約書には、甲は私、乙はその会社、丙には保証人とありますが、保証人には私の友人で家を借りる時に保証人なってくれた人の名前をその会社の人が勝手に書きました。 その保証人には、印はおろか連絡もしておらず、書類の保証人の住所氏名印鑑の欄は空白になっています。 この契約書には、甲丙は15万円の債権があることを認める、甲は乙に債権が譲渡されたことを承諾する、丙は債務を甲と連帯して保証する、和解契約の成立を証するため甲乙丙が本書を各1通ずつ保有するとあります。 この丙あたるところは保証人から一切認められていません。 私は迂闊に判子を押してしまったのですが、この契約は成立しているのでしょうか? すでに7万円支払っているのですが、どうにも腑に落ちません。 そもそも15万円も滞納していていたかも定かではなく、「債権があることを認める」「譲渡されたことを承諾する」とあるあたり胡散臭くてなりません。 仮に滞納があったとしても、この会社に回収する権利があるか疑わしく思います。 法テラス等に相談する前にどなたか詳しい方の意見をお聞かせください。 大変長くなってしまい申し訳ありません。 よろしくお願いします。

ベストアンサー

判を求めたということは、判を押さなければ支払い義務がない、または義務が必ずしも確定的ではないということでした。 まず、債券譲渡は、以下の2点のどちらかが義務となっています。 ・譲渡者(最初の保証会社)から債務者(あなた)への配達証明などによる通知義務 ・債権が映ることを債務者(あなた)が同意する 普通は、譲渡者(最初の保証会社)が債権を売りたい→譲受者(今回の会社)は債権を買い取る条件として、譲渡者(最初の保証会社)が債務者(あなた)に通知をすることを求める→債務者に通知される→通知を確認後、譲受者(今回の会社)が債権を買うために譲渡者に対価を支払う→債務者の支払い義務が今回の会社に移行する という流れです。 おそらく、譲渡者が夜逃げで存在しないので、債務者であるあなたに通知することもできないのでしょう。 よって、2番目の「債務者の同意」を目指したということで 結果として、あなたは債権譲渡を判を押すことで同意しました。 さらに一部(半分)をはらうことで、債権の存在と支払い義務をあなたが自覚・同意していることを示しました。 現状ではあなたが極めて不利であろうと思われます。同意して払っちゃったので。 同意自体が強要や文書偽造であることを完全に立証できるならば、考える余地はありますが それでも最大15万円。受任する弁護士はまず存在しないでしょう。金額が低いうえに、極めて不利ゆえ。

質問日時:2015/01/29 15:07:08 回答数:1

銀行印の印鑑の書体の選び方
http://hostalmayasalta.com/

このページの先頭へ